スキンケア トラブル肌の本音ブログ

紫外線や日焼けの防止効果

紫外線対策商品を購入する時に、指針として用いるものとしてSPFという数字が存在しています。紫外線防御指数と訳すこともあります。原語はSun Protection Factorといい、それぞれの単語を用語が一般的に用いられているようです。日焼け止め効果のあるクリームなどは、SPF10、SPF35といった書き方がされているはずです。どのくらいの時間、紫外線による肌の日焼けを抑制してくれるかということがわかります。強い紫外線が照りつける夏に、まとまった時間屋外で活動する時などは、SPF値の大きな日焼け止めクリームを使うことが重要になってきます。SPFのほかにPAと書いてある日焼け止め用品もあります。PAとはProtection Grade of UVA(プロテクション グレイド オブ UVA)の略称です。紫外線A波に対する防御効果がこの数字から判断できます。UVとは紫外線全般を示す言葉ですが、細かく見ていくとUV-A、UV-B、UV-Cという3種類になります。UV-A波は、紫外線の中でも徐々に影響が増していく性質がある紫外線だといいます。SPFの高い日焼け止めは主に肌が赤くなる原因を防ぐ効果が期待できます。一方、肌が黒く日焼けすることを止めたい場合は、PAの高い日焼け止めが向いています。SPFもPAも紫外線を防ぐ日焼け止めには欠かせない数値なので、商品を購入する際にはしっかりと確認したほうがいいでしょう。

紫外線と日焼け

紫外線による日焼けは、季節が夏に近づき太陽の光を直接肌に受ける時間が増える頃に用心が必要です。この頃の研究では、紫外線による日焼けのためにしみやそばかすが増え、肌に刻まれるしわが増加する要因になっているといいます。肌のシミは、スキンケアや美容施術でそう簡単になくなるものではありませんから、普段から紫外線の日焼け対策が大事です。近年、日焼け止めクリームだけでなくUV対策グッズや化粧品が人気なのは、紫外線に対する関心の高さといえます。実際常用している人もとても増えています。子どもの頃に肌に受けた紫外線の作用は、大きくなってからも残っているといいます。オゾンホールの増加やオゾン層の減少などから、オーストラリアでは紫外線が直接地上に届いているともいいます。紫外線の影響で皮膚がんが年々増加していることが社会問題にもなっています。紫外線で日焼けをすることは、体のためになるとされていた時代がありました。近年では、不用意に日焼けはせず、紫外線対策は必ずするようになっています。成長期の子どもは、成長を促進しカルシウムの生成を助けるための日光浴は大事だと言われていますが、紫外線の問題も変わらず存在します。できれば上手に日焼け止めを塗って紫外線を避け、適切な日焼けを心がけたいものですね。

化粧品で紫外線カット

紫外線カットの機能を持つ化粧品が存在します。紫外線は目に見えないものなので、いったい普段からどの程度地球上に降り注いでいるのか簡単に判別することはできません。どの程度肌の色が変わったかで紫外線の度合いは測れますが、それでは紫外線カットになりません。一年中いつでも紫外線は地表に届いており、肌は少しずつ日焼けをしていることはあまり知られていません。年間を通してのUVカットが重要です。紫外線対策が最も必要な時期は、その日の天候にもよりますが夏と冬です。UVカット成分が配合されている化粧品は、常日頃から積極的に使っていきたいものです。ちょっと洗濯物を干すためにベランダに出るだけでも紫外線を浴びることになります。家の中にいる時でも窓の近くであれば紫外線対策を怠りたくないものですから、化粧品でのUVケアは大事です。最近のUVカット用化粧品は、全身に使える日焼け止めとは違って、肌に白く残りにくく付け心地も軽めに作られています。紫外線対策機能がない化粧品との違いはあまり大きくないようです。SPFの数字が大きい化粧品であるほど、紫外線に対する防御効果は高いものがあるとされています。いつも使う化粧品や冬の紫外線カットはさほど神経質になることはないですが、数字は低くでもSPFの数字が設定されている商品で紫外線カットを実践しましょう。

紫外線をカットしよう

紫外線をカットする方法についてです。夏のような日差しの強い時期になると、気になるのが紫外線による日焼けです。小麦色の肌は健康の象徴ようですが、実は若いうちから日焼けをすると後でシミやしわの原因になってしまいます。若い頃は肌のターンオーバーも積極的に行われていますのでシミやシワは目立ちませんが、紫外線の影響は残っています。日焼けはしないほうが肌にとってはいいのです。最近はオゾン層の破壊により、紫外線がダイレクトに地球に降り注ぐことも問題視されています。皮膚ガンの報告がアメリカやオーストラリアで増えているのは、肌に降り注ぐ紫外線のせいといえます。小さいうちから、紫外線カットの手段を講じておくことが大事です。紫外線カット効果を備えた生活雑貨が身近に増えているのは、紫外線対策を考える人が増えているためでしょう。高いUVカット機能の付いた日傘やサンバイザーはとても売れていて、夏場はすぐに売り切れるほどです。普段使いの眼鏡にもUVカットしたレンズを使うことが主流になりつつあります。メイクアップ用品に紫外線カット作用があるものを使い、日常的に紫外線対策をする女性もいます。夏限定で日焼け止めを使っているという方より、年間を通して紫外線カットの効果がある商品を使っているという人の方が増えてきています。

毛穴ケアとサプリメント

毛穴ケアと言うと、洗顔やクリーム、ピーリングと直接肌につけてするものが多いと言うイメージがあるかもしれません。他にもビタミンやミネラル、コラーゲンなどをより多く摂取する事も、体の中から毛穴を改善すると言う意味で毛穴ケアには必要不可欠なのです。毛穴から分泌される皮脂を適度な量に保ち、毛穴の開きをストップするには、抗酸化作用があるビタミンがおすすめです。ビタミンはお肌にいい栄養素だといわれていますが、毛穴のケアにも効果があるのです。各種のミネラルは、体の働きを正常に保つとされています。必要量のミネラルを摂取することで、美肌効果や代謝アップが期待できます。コラーゲンは、皮膚の弾力を取りもどし、毛穴を引き締める作用があります。加齢などによってコラーゲンが不足するとたるみがおきます。たるみの出た肌に何のケアもしないでおくと、皮膚が下方に流れて毛穴が目立つようになります。もちもちとしてハリのある肌を維持するためには、コラーゲンの存在が欠かせません。皮膚を引き締め、毛穴が目立たないようにするにはコラーゲンはとても役に立ちます。サプリメントから肌にいい成分を補うことは、毛穴ケアを考える上でも役に立ちます。

毛穴ケアと洗顔

毛穴ケアの方法は、いろいろとありますが中でも一番の基本といわれているのが洗顔です。皮脂や外部からのほこりがお肌や毛穴に留まっていると汚れとなります。余分な皮脂をとり除き、肌の状態を元に戻してあげる事が毛穴ケアでは大切なのです。洗顔料は洗浄力が強すぎても良くないので、弱酸性の洗顔クリームや、洗顔専用の固形石鹸などが毛穴ケアには向いています。洗い方ですが、洗顔料もしくは石鹸をよく泡立てます。直接指で顔に触れないように泡を額から鼻に乗せ、円く指を動かすようにしながらそっと顔を洗ってください。顔を洗う時、手のひらで顔を擦ることで汚れ落ちを期待するという人もいます。実は反対に、肌に必要な皮脂も洗い流してしまったり肌をいためる原因になるので注意しましょう。洗い終わったら、ぬるま湯で丁寧にすすぎます。拭き取りには吸い取りのいいタオルを顔に乗せるようにして水分を吸収させ、美容液や化粧水でスキンケアを行います。洗顔した後長時間何もつけずにいると、お湯でせっかく開いた毛穴が閉じてしまって浸透力が悪くなります。顔を洗った後に放置しておくと、化粧水がしみ通りません。毛穴ケアのためには、肌のターンオーバーである28日以上は毎日続けることが大事です。

毛穴ケア

毛穴ケアというのは、にきび予防や、黒ずみ、開きなど防止の為には、事の他重要な事です。毛穴は体のありとあらゆるところにあり、首から上だけでも20万個の毛穴が存在します。皮脂成分は毛穴から出るので、毛穴は汚れが集まりやすい場所ともされていますが、皮脂が適度なバリアとなって肌は乾燥から守られています。毛穴にできる角栓や黒ずみは、皮脂汚れが目詰まりすることで起きるといいます。毛穴の黒ずみや角栓を放置したままでいると、常在菌が繁殖して皮膚にダメージを与え、にきびや炎症を引き起こすことがあります。にきびを未然に防ぐには、毛穴のケアがとても重要になります。お化粧中に、毛穴の黒ずみや角栓が気になった事ってありませんか。鼻は毛穴の黒ずみが目立ちやすい場所です。洗顔時にポツポツと、鼻の頭に黒ずみができていることに始めて気がつくという人もいるようです。にきびの対策のためにも、毛穴の皮脂汚れを取り除くことはとても大事なことです。毛穴ケアを怠ると、メイクが肌の上で良く伸びなかったり、肌の色がくすんでくることがありますので、要注意です。毛穴ケアは、洗顔、ピーリング、毛穴パック、引き締めなど、いろいろとあります。毛穴ケアでは、手当たり次第にいくつもの方法を用いても肌に負担になりますので、どれがいいかをよく考えて使いましょう。

頬のたるみを改善するには

美容外科で頬のたるみを減らしてもらったり、マッサージやサプリメントで頬のたるみを緩和したり、様々な手段があります。頬のたるみを自宅で直ぐ出来る方法で解消したいという方は、日々衰えてしまう表情筋を鍛える運動や、マッサージがあります。表情の変化とは、表情筋という顔の筋肉の伸縮によって起こりますが、これらは7割ほど眠ったままです。コラーゲンを作るために必要な栄養が、年を取ると血流の停滞などで届きにくくなり、結果的にコラーゲンができづらくなってたるみの源になります。表情を作る筋肉をせっせと鍛えることで、頬のたるみを引き締めることが可能です。頬のたるみを解消するには、口元と頬に力を入れて上につり上げる表情を作ります。まずは右側だけの頬と口元をあげます。数秒経ってから、左がの頬と口元を同様に動かします。左右繰り返し、それぞれ10回を目安に行うという内容です。リンパの流れなどを促進させ、老廃物を溜め込まないようにするリンパマッサージも有効だとされています。特に顔には多くのリンパ液が流れているため、リンパマッサージは顔の引き締め効果でたるみを解消できるといいます。頬だけでなく、顔じゅうのたるみを目立たなくするために、リンパマッサージや表情筋トレーニングを毎日続けてみてください。顔のたるみケアで5年後や10年後の顔の雰囲気は全く違うものになるともいいますので、やってみる価値はあります。

頬のたるみの原因

頬のたるみの原因としてまずあげられるのが皮膚の弾力の衰えであり、いわゆる老化現象のひとつとされています。肌の張りはコラーゲンによって保たれています。加齢によって生成されるコラーゲンの量が減少することから頬のたるみや顔全体の肌のたるみが起きるとされています。若い頃は皮膚の隅々まで送り届けられていた栄養成分が、年齢と共に血流が悪くなって流れづらくなり、コラーゲンの生成が追いつかなくなるようです。加齢の他にも、頬のたるみの理由は存在します。コラーゲンが失われる理由は年齢の他にもあります。ストレスや太陽光の影響などによって活性酸素が増加することなどがあります。何らかの理由で脂肪がいきなり増えると、その重みをキープする皮膚の弾力や筋肉が足りずにたるみの原因になります。急激に痩せると皮膚が余ることによりたるんでしまうケースがあり、急激なダイエット急激な肥満も要注意です。顔の表情を作る筋肉は、皮膚のハリがなくなると重力に引かれて下がりやすくなり、頬のたるみを作ります。年を取って筋肉量そのものが少なくなることも、頬のたるみになります。顔がむくみやすいという人も、たるみになるようです。むくみは体内の水分が停滞することで起こります。排出が不十分なままに水分ばかり取り入れているとむくみがひどくなり、それが重力のためにたるみを作ります。結果頬のたるみとなり、ブルドックの様な頬へとつながるとされています。

頬のたるみとは

頬のたるみが、皮膚のたるみの中でもことさら気掛かりな人は多いようです。年を取ることで肌が弾力を失い、コラーゲン不足に陥ることが頬のたるみとかかわっています。皮膚が全体的にたるんでいるけれど、特に頬のたるみが目につくという人がいます。頬のたるみが目立つようになったことがきっかけでほうれい線のしわが増え、小じわが目につくようになったという人は結構いるといいます。頬のたるみは一般に加齢による老化現象のひとつとされています。もしも、毛穴が広がって見えるようになったり、顔の跡が消えづらくなったら、皮膚の弾力がなくなってたるみが目立ちやすくなっているといっていいでしょう。頬のたるみ具合を見るには、毛穴の目立ち具合を把握することが重要です。毛穴が点ではなく縦線に見えてきて、目につくようになった時は肌のたるみの指標だといわれています。肌のたるみは、30代後半になってくると目につきやすくなります。深いしわのできる要因として顔のたるみが関係していると考えられています。皮膚のたるみを減らす方策としては、マッサージや市販のリフトアップやフェイスリフト効果がある商品を使うことがあります。頬のたるみを引き締め、若々しさを取りもどすために、様々な美容商品が作り出され、売り上げを伸ばしています。

▲Page Top